買い物の必需品

不正使用された場合にまずやること

一枚でも持っておくと便利なクレジットカードですが、盗難や不正使用の被害に遭うと大変なことになります。
そのような時の為に、まずはどうするべきかを知っておきましょう。
まずはカード会社と警察に連絡することです。

紛失に気付いた時はカード会社に真っ先に連絡しましょう。
カード会社には24時間体制で紛失・盗難用の窓口があります。
クレジットカードを盗まれるということは、カード会社へ登録した口座をまるごと持って行かれるようなものです。

スピードが肝心になりますので気付いた時に即連絡しましょう。
もし自分のカード番号がわからなくても住所や氏名を教えれば担当の人が調査してくれますので大丈夫です。
カード会社への連絡が終わったら交番や警察署へ行き、調書を作成してもらいます。
カード紛失・盗難届け出の受理印をもらい、証明書をカード会社へ郵送し手続きを行います。

クレジットカードはカード会社へ連絡した時点で無効になるのですが、この証明書が無い場合「紛失保健」がおりない場合があります。
ですので警察への届け出は必ず行いましょう。
海外での紛失もよく耳にしますが基本的には日本にいる時と同じです。
その場合は今自分がいる地区の日本語サポートデスクに連絡すると本社に情報が行き、カードを無効にしてくれます。

カードを無効化する手続きはとにかくスピードが命です。
無くなっていることに気がついたらすぐに電話をすることで被害を最小限に抑えられます。
このように盗難されたり不正利用されたと感じる場合には早めに連絡をする必要があります。

通常は不正利用された際には、保険が適用されて、その分が補われるのですが、それができないケースもありますので十分に注意しておく必要があります。
ただし、クレジットカード自体にカード会社の連絡先が書いてある場合がほとんどなので、何かあった時のために連絡先をメモなどに記録しておくことが必要になります。
一番いいのは、あらかじめ盗まれないように予防策として、たくさんのクレジットカードを一度に持ち歩かないなど対策を取っておくことです。

Copyright(C) 2013 便利な支払い方法 All Rights Reserved.