買い物の必需品

紛失してしまった場合はどうしたらよい?

いまや成人し、自活している人のほとんどが持っているクレジットカード。
たとえ手元に現金が無くても、カードを出すだけで買い物ができる非常に便利なアイテムです。
普段から厳重に保管されていることとは思いますが、もしクレジットカードを盗難されたり、紛失してしまった場合はどのように対応すれば良いのでしょうか?
最も心配しなければならないのは、第三者による悪用です。

カードを盗まれ、限度額いっぱいまで買い物をされてその支払いをしなければならなくなる…そんなことは絶対に避けなければいけません。
そのため、カードを無くした時点でクレジットカード会社に連絡を入れてください。
カードの利用をストップしてくれます。
これは銀行のキャッシュカードも同じで、現在のカードを止めることで第三者に使われるのを防ぐことができます。

これらの対応は通常24時間行っているので、たとえ夜中だろうとすぐに連絡しましょう。
紛失しないように細心の注意を払っておくことはもちろんですが、万が一の事態に備えてあらかじめクレジットカード会社の番号を携帯電話などに登録しておくと、トラブルにも迅速に対応できて安心です。
他、警察に紛失届け(もしくは盗難届け)を出し、クレジットカード会社にカードの再発行の依頼をするなどの手続きが必要になります。
クレジットカードは現金と同じ、時にそれ以上の価値を持ちます。

先回りして適切な対応を取ることで、起こり得るトラブルを回避できます。
クレジットカード、キャッシュカード、現金などの貴重品類は手元から話さず、厳重に管理しておくことが基本ですが、絶対に盗難に遭わない、紛失しないとは誰にも言い切れません。
もしもの場合には、慌てず適切な対応を取れば被害を最小限に抑えて自己防衛することが可能です。
特に盗難保険と言って、万が一カードが第三者に使われても、そのお金をカード会社が保障してくれる場合がほとんどです。

紛失に気付いたらすぐにカード会社に連絡。
これが基本です。
国際ブランドのカードを所持している人は、国によって連絡先が違うので注意しましょう。
もしも紛失し不正利用されてしまった場合でも、一定期間遡って保証されるのであまり心配はいりません。
「自分は大丈夫」と過信せず、厳重な管理と万一の事態に備えた対応、その両方を用意しておきましょう。
紛失した時に保障してくれるカードhttp://www.richardnickelcommittee.org/lose.htmlもあるので、気になる方はそちらを選ぶと良いでしょう。

Copyright(C) 2013 便利な支払い方法 All Rights Reserved.